ざいさん

負債の財産分与

離婚するにあたり、重要ともいえる財産分与においてみなさんどこまで理解できているでしょうか。
私には関係ない。なんて思っている方も、もしもという時に知識がなく困ることのないように理解しておくとよいでしょう。

意外と知らないことが多く、実際に離婚してみて驚いたといった方も少なくはないかと思います。
単純に全ての財産を半分にするというわけではないので、財産分与において損しないようにしっかりと確認しておきましょう。

財産分与に損も得もないと思うかもしれませんが、これから生活していく上で必要となるお金のことですのできちんと向き合いましょう。

まず、財産分与とは結婚期間中の貯金や所有していた土地や建物、家財道具などのことをいいます。
細かくいうと沢山ありますが、要するに2人で共有していたものが対象になります。

例えば、土地や建物など名義は夫となっている場合が多いかと思いますが、
妻が支えとなり生活ながら購入したものに関しては名義に関係なく共有物とみなされます。
給料も同様で、妻の生活においての援助があって働いている以上は共有財産とみなされます。

どういった離婚の理由であろうとも、財産分与は平等となります。
不法行為による慰謝料とは、また別な話となりますので、相手が離婚の原因であるからといって多くもらえるということはないので注意してください。

共同していた財産を分けるということで、もちろん負債においても同様なことがいえます。

負債とは、支払わなければいけないお金のことであり、
まだ支払いをしていない生活にかかるお金や借金のことをいいます。
借金においても、生活費や共有するものの購入にあてたことが明確にわかる場合には財産分与の対象となりますので、
プラスとなる財産同様に負担することとなります。

もちろん、負債となる財産分与だけ放棄するなんてことはできるわけがありませんので、
「聞いていなかった」なんてことにならないように、しっかりと確認しておくことが大切となるでしょう。