ざいさん

財産分与の放棄

夫婦として、一緒に生活していた2人が離婚という決断を選んだ場合には、
今後別々の意味歩んでいくためにやらなくてはいけないことが多くありますが、財産分与もその中の一つになります。

財産分与とは、結婚していた期間中に購入したものや貯金などを平等にわけることをいいます。

専業主婦や共働きなどの条件によっても、財産分与の割合が変わってきます。
もちろん、家庭によって状況は違うため一概にいうことはできませんが、
夫婦間でお互いに納得のいく協議となるようしっかりと話し合いをして、よい財産分与となるようにしましょう。

財産分与の対象となるものは、結婚期間中の貯金や購入したものになります。
土地や建物などの大きなものから家財道具の一つ一つまでが対象になります。
しかし、土地や建物など、単純に半分にできないものも多くあり、その場合にはその時の相場の値段を調べてわけていきます。

全てをわけていくのですが、家電品などの場合、中古市場での相場によって割り出していきますが、長年使用しているものなどは、そういった値段の価値よりもお互いがいるのかいらないのかで選んでいき、お互いが欲しいものをもらうといった形にした方がオススメです。

後から、言った言っていないなどのトラブルに発展する場合もありますので、
協議書に残しておくことをおすすめします。
協議書に残すことで、全ての条件に納得して成立したということになりますので、 きちんと確認するようにしましょう。


財産分与においては、財産分与を放棄することもできます。
放棄することは簡単ですが、後にやはり何がほしいといってもあげることはできません。
放棄する場合のメリットをしっかりと考えて後悔のないようにしましょう。

ローンや借金が返済の途中で財産分与をする場合においては、そういったものもお互い背負うことになりますので、覚えておきましょう。
借金などを背負うのが嫌なために財産分与を放棄すると、 もちろん貯金や土地、建物などのプラスとなる財産も受け取ることができませんのでしっかりと考えましょう。