ざいさん

財産分与協議書とは

離婚が決まった場合には、一般的に財産分与といったものをします。
これまでの結婚期間中に2人で手に入れたものや貯金などを公平にわけるものであり、
後のトラブルを防ぐためにも欲しいものはきちんと伝え、もらったりお互いが話をすることで納得して財産を分与できるようにしましょう。
平等になるようにとはありますが、お互い以前は夫婦だった2人です。
お互いが欲しいものを納得しあいながらもらったりわけることによって、冷静に協議もできますので、まずはじっくり話し合うようにしましょう。

財産分与は、基本的に2人で行います。
対象となるものは、あくまでも結婚期間中の貯金や、 購入した土地や建物、車や家財道具などになります。
ローンや借金ももちろん分与することになります。
マイナスとなる財産だけを放棄するなどといったことはできませんので、きちんと支払いましょう。


また、結婚以前の貯金や親からの相続したものなどは分与の対象外になりますので、覚えておきましょう。
また、あきらかなる個人を特定する持ち物である衣類や医療機器なども対象外になりますので、
それぞれお互いにもっていきましょう。

また財産分与の場合、後に言った・言わないや話が違うなどというトラブルを防ぐためにも、協議書をつくっておくとよいかと思います。
協議書とは、2人の間で話し合いを持ち、取り決めた内容を記載した分書のことで、
何かトラブルになった場合の証明にもなるのできちんと作成するようにしましょう。

財産分与の協議書は、一般的に財産分与の協議が話し合いの末に成立し、
所有権が移転したことを証明する文書になります。

財産分与協議書を作成するにあたっては、協議の一切に合意し納得したことが大前提で作成しますので、
もちろんその後の変更はできません。

お互いに、やっぱり・・なんてことはできませんので、協議の時点で自分の希望をしっかりだし、
全てに納得した上で、協議書を作成しましょう。