ざいさん

親の財産相続と財産分与

夫婦がお互いの道を歩きはじめることとなる離婚という決断の先には、
2人で結婚期間中に築きあげてきた財産を分ける財産分与といったものがあるのはご存知でしたか。

離婚なんて絶対しない、私には無縁、なんて思っている方も、自分の将来について知っている方もいませんよね。

もしも…なんて考えたくもない!なんて方もいらっしゃるとは思いますが、
実際に離婚という話になった場合、あらかじめ理解しておくのと、全く何も知らないのでは、
損をしてしまう場合もありますから、ある程度理解しておく必要があるかと思います。

まず、財産分与とは上でもいいましたが、結婚期間中の共有の財産を分けることをいいます。
結婚期間中の貯金はもちろん、購入した土地や建物、株券や車、家財道具や家電品などあらゆるものが対象となります。
ある程度全てをわけるということになりますが、その中でも衣類など個人の物と特定できる物に関してはそれぞれの物となります。
常識の範囲内で冷静にわけるようにしましょう。

また、実物に存在している家財道具や家電品などに関しても、実際に離婚後も使用できるわけですから、
お互いに欲しいものを分け合うといった対応が相応しいのではないかとされています。
お互いが納得できる財産分与となるよう、話し合いを重ねてわけるようにしましょう。

また、結婚期間中の財産が対象であるといわれていることでわかるかと思いますが、財産分与の対象外となる財産があります。
対象外となる財産は、結婚前の財産と親の相続財産が大きくあげられます。
結婚前の財産とは、その名の通り結婚する前の貯金や、所有していたものについてです。
同じ給料であっても、結婚した場合は生活費となりお互いが生活していくために使用するお金になります。

後、意外と知らないのが親の相続財産も対象外になるんです。
夫婦の期間にどちらの親が亡くなり、相続財産を受け取った場合には共有とみなされそうですが、
あくまでも実の子に対する相続財産となりますので、親の相続財産は対象外となりますので、きちんと覚えておきましょう。
財産分与についてしっかり勉強しておきましょう。