ざいさん

離婚時財産分与

離婚が決まった夫婦は、人生の中でも大きな決断をした後には様々な手続きがまちうけています。
色んな手続きがあり大変ではありますが、どれも大切なものでありますから、順序よく片付けていくようにしましょう。

その中の一つに財産分与があります。
これはお互いにとって大切なことであり、後のトラブルを防ぐためにもきちんと財産分与をしましょう。

財産分与の対象となるものは、結婚期間中の貯金や、購入した土地や建物などから、
家電品など家の中にある細かなものまで対象となります。
また、結婚以前に所有していたものや、貯金または親からの相続品、または個人を特定するようなものについては対象外になります。
対象になるものと対象外のものとがあることを知らない方も結構多くいらっしゃいますので、しっかりと覚えておくとよいでしょう。
対象の範囲内で話し合いを重ねながら協議していくことになります。

お互い人間である以上、思いや感情もあるもの同士でありますから、平等にこだわりすぎずに冷静に進めていければよいのではないでしょうか。

基本的に財産分与は2人で行ないます。
家電品などわけられないものに関しては中古市場での相場によってわけるのですが、
実際実物がある中でお互いに欲しいものがあるかと思いますので、
お互いが欲しいものを主張しながらわけていくのが良い方法といえるのではないでしょうか。
細かな部分に関してはお互いが納得できる方法で臨機応変に対応していくとよいでしょう。

また、借金など負担となる財産についても分与されます。
もらいたいものはもらって、負の財産は放棄するなどといったことはできませんので、どちらもしっかりと確認して進めていきましょう。
また、財産分与の協議を重ね成立した場合には、協議書を残すようにしましょう。

財産分与の場合は特に後からやっぱりあれが欲しい。など、
後に欲しい要らないや、言った言わないなどのトラブルになることもよくありますので、
協議書を書くことで証明にしましょう。