ざいさん

財産分与の割合

夫婦が離婚する場合に、重要となるのが財産分与です。
財産分与は後のトラブルの原因ともなりますのできちんと確認しておきましょう。

離婚が決まった場合に、夫婦だった期間に所有していたものや、一緒に購入したものに関しては2人の所有物となりますので、
わけることができるものに関しては、平等に分けるべきということが定められています。

土地や建物、車や電化製品などといったものは半分にするというわけにはいきませんので、その時点の中古としての相場の額をわけることになります。
財産分与と簡単にいうことができますが、実際にはなかなか大変なことなんです。
いらないといったものの、やっぱり後から必要!
なんてこともいえないわけですから手間はかかりますが、財産分与の時点でしっかりと見極め、後に揉めることなどがないようにしましょう。
対象となるものは、結婚期間中の貯金や株券、購入した土地や建物、家の中の家財道具など2人で利用していたものになります。

また、結婚前からの財産や、親から相続したものなどは対象になりませんので注意しましょう。
また、明らかなる個人の所有物に対しても対象とはなりませんので、そういったものはそれぞれ個人の物になります。
また、もちろん借金といったマイナスとなる財産も分与することになります。
あくまでもお互いが平等になるように分けるわけですから欲しいものだけをもらう、というわけにはいかないのです。

財産分与の割合は夫婦によって変わってきますが、一般的に共働きの夫婦の場合は夫50%の妻50%になります。
専業主婦の場合は夫50-70%の妻は30-50%になります。
自営業で夫婦共に働いている場合は仕事の割合にもよりますが夫50%の妻50%となっています。

参考までにこの割合から、自分は実際にどれくらい貰うことができるか考えてみるとよいでしょう。

いくら財産分与で割合がでたからといって、以前は夫婦だった2人が一緒に生活していたものを分け合うのですから、
家電などの実物があるものに関しては、欲しいものを優先にもらっていくなど、お互いが良い方向に進むように、
話し合い工夫しながら分け合っていくのがよいのではないでしょうか。